ねくらく

20代ネクラOLの日常

仕事はなんで「嫌」なんだろう

 

個人的に「仕事が好き」という人は都市伝説だと思っています。

 

ネット上では稀に見かけますが、少なくとも私の(狭い)人間関係の中では一度も会ったことがない。社会人の大半の人が「嫌」か「嫌じゃないけど好きでもない」に当てはまるような気がします。

一応言っておきますが、仕事が好きな人を否定している訳ではないので誤解のないように。オネシャス。

 

日常的に上司に罵倒されたりとか理不尽なレベルの仕事に追われてたりとかであれば「嫌」になるのは分かりますが、実際の私はただ普通に電話を取ったり事務作業をしたりしているだけ。現状は職場環境も人間関係も恵まれている方だと感じる。

なのに出来ることなら仕事はしたくない。何故か。

 

「やりたくない嫌な業務がある」とか「たまに被る理不尽」とか「嫌」に思うことは、考えれば色々と出てきます。私はコミュニケーションが大の苦手なので、電話対面問わず社外の人と話すことが壊滅的に苦手で死ぬほど嫌です。

ですが私がそう思うのは全て、根本的に『仕事が出来ない自分が嫌』というプライドがあるからだと思います。

 

理想が高くて仕事が出来ない自分が嫌で許せないのに、現実は苦手で出来ないことがたくさんあります。そして仕事をしている限りはその問題に直面し続ける。だから仕事が嫌になる。


プライドを捨てることが出来たなら、それが1番楽だと思うのですがこれが中々に難しいです。

悲しいかな、高く築かれたプライドには簡単には勝てないのです…。きっとプライドが高い方なら分かるはず。

 

私に出来ることはもう『理想通りに仕事が出来るようになる』ことしかない。

うつになりやすい思考なので人にはオススメできませんが、私の根本解決はやはりこれしかないように感じます。プライドを捨てられないならそれに似合う人間になるしかない。難易度激高です。

 

ネガネガしない程度に頑張るぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村